倉地とお客様のつながり
ホーム > 倉地とお客様のつながり > 確かな技術が子ども達の成長を支える

確かな技術が子ども達の成長を支える




千葉県流山市おおたかの森。つくばエクスプレス開業に伴い新しい駅が増え、大型ショッピングセンターの出店など、開発がめざましい地域だ。また、市の政策により、子育て世代の誘致に力を入れているためか、新築の戸建やファミリー向けのマンションが、今もなお増え続けている。そういった世代が増えれば、必要になってくる場所が、保育園や病院だ。そこで今回は、今年4月に開園したばかりの「聖華マリン保育園新築工事」を取材した。

スポットを当てていくのは、建物の「設備工事」の部分。設備といっても、空調や厨房など多岐に渡るが、今回は「衛生工事」にスポットをあててみよう。衛生工事とは、いわゆる水に関係する工事のことで、トイレ・風呂・洗面所・厨房などがその代表だろう。人間が快適に暮らしていく上で必要なインフラの中でも、最も重要といっても過言ではないだけに、施工する会社や現場の職人にも相応の技術と経験が求められる。

普段、私たちの目に入ってくることのない、まさに縁の下の部分は、どのような世界が広がっているのだろうか。

建物の基礎部分に鉄筋を使い、強い地震にも堪えうる強度を確保する。多くの子ども達を守るために欠かせない部分だ。
下水道本管へと繋がる排水管を、職人の手作業で作り上げていく。このように、私たちが普段生活するアスファルトの下には、パイプと継手が縦横無尽に張り巡らされているのだ。
自宅の敷地内で目にした事があるであろう、水道メーターのボックス。メーターを設置する前に水圧テストをかけ、漏れなどがないか確認していく。
床から突き出している配管は、この上に衛生器具が取り付けられる事を示している。ここでミスがあると、修正が大変になってしまう。
左から、幼児用バスPFS1400CWNと汚物流しにはSKL330HNFP。0~2歳児用の洋便器にはCS310BとS300BKのセット。小便器はU310GWをチョイス。手洗器にはオートストップ水栓TL19ARを採用することにより、無駄な水の使用を防げる。
給排水には、床を通る場合と壁を通る場合の二通りがあるが、器具類が必ずしもその通りに対応しているとは言えず、今回準備した幼児用マルチシンクも壁給水のみの設定であった。しかし既に配管は床給水となっており修正はできない。ここで器具付けを担当した水嶋氏が職人技を駆使し、マルチシンクの中で配管を変更したのだ。
外遊び後の子ども達の汚れを落とす流しは、職人の手づくりによるものだ。

水栓の交換から大規模施設改修まで


今回衛生工事を担当した流山市のノームラ化水工業株式会社は、長年の実績と豊富な経験を持つ、設備・浄化槽・水道本管工事などのスペシャリスト集団だ。

技術の高さ、仕事の正確において定評があり、小さな修繕から大規模なリフォームまで相談に応じてくれる。市内・外問わず幅広く活動するスタイルは、流山市において今最も勢いがあるといってもよい。今後の動向に注目だ。

【SPECIAL THANKS】
ノームラ化水工業株式会社 千葉県流山市野々下2-682-6 TEL:04-7148-7751 http://www.noumura.co.jp
興和流通商事株式会社(建築担当) 千葉県流山市宮園1-16-9 TEL:04-7158-5566 http://www.kouwa-r.co.jp
株式会社アドバンス・テック(設計担当) 千葉県流山市南流山8-6-1 店舗4 TEL:04-7159-5982
有限会社ミユキ設備工業(設備担当) 千葉県流山市鰭ケ崎4-3 TEL:04-7159-4774

© 2013 KURACHI Co., Ltd. All Rights Reserved.倉地株式会社
〒130-0004 東京都墨田区本所1丁目33番9号
Tel. 03-3624-4441(代表)/Fax. 03-3622-6894

住まいに関する様々な商材をお客様にお届けする住宅設備販売の倉地株式会社
取扱商材:管材・衛生陶器・水栓金具類・換気・空調・給湯・暖房・厨房関連・ポンプ・水槽・工具